弁護士費用

弁護士費用の種類

弁護士費用としてご負担をいただくものには、法律相談料、着手金、報酬金、実費、日当などがあります。

法律相談料

30分あたり原則5,000円(消費税別)となります。

正式に代理人活動のご依頼を受ける際、以下に例示する費用が必要になります。
実際に委任契約を締結する際、お見積書または委任契約書案をお示しいたします。

着手金

事件のご依頼を受けるときに最初にいただく費用です。

報酬金

事件が終了した際にいただく費用です。金額は成功の程度に応じます。

実費

事件処理に必要な経費です。郵便切手代、印紙代、交通費などです。ご依頼時に一定額をお預かりし、事件終了後に精算いたします。

日当

弁護士が事件処理のために、目安として半日以上、事務所外へ出張ないし移動を行う場合の費用です。

弁護士費用の金額について

いずれも消費税、実費は別途必要となります。
実際に案件を受任させていただく場合には、事前に弁護士費用の見積りをした上で具体的な金額を明示いたします。

遺産分割

着手金:20万円〜
報酬金:30万円〜

遺言書の作成

10万円〜